市議団の活動

秘密保護法は憲法違反 廃止訴え昼休みパレード

2014年03月06日

「憲法違反の秘密保護法は廃止せよ」――。憲法改悪ストップ兵庫県共同センターなどの主催、兵庫県弁護士会が協賛して3月6日、秘密保護法を許さない昼休みパレードが行われました。三宮・花時計前から三宮センター街を「知る権利を奪うな」「報道の自由を守れ」「戦争する国にするな」などのシュプレヒコールで、市民に訴えました。

花時計前での出発集会では、自由法曹団兵庫支部の松山秀樹事務局長が「秘密保護法はまだ施行されていない。みんなの問題であり、止められるということを市民にアピールすることが大事」「日弁連も廃止の署名を集めている。廃止に向けて頑張ろう」と呼びかけました。

同パレードには、日本共産党神戸市会議員団の松本のり子議員、きだ結県会議員、朝倉えつ子同党北区くらし・福祉相談室長らも参加しました。