• HOME
  • > 市議団の活動
  • > 非核「神戸方式」守り続けよう ! 宣伝、パレード、集会などで訴え

市議団の活動

非核「神戸方式」守り続けよう ! 宣伝、パレード、集会などで訴え

2014年03月18日

非核「神戸方式」決議39周年記念集会実行委員会は、3月18日、市役所前での早朝宣伝、昼休みパレード、夜の記念集会などで、市民に「平和な神戸港を守りましょう」と訴えました。一連の行動には日本共産党神戸市会議員団も参加、安倍内閣の秘密保護法強行採決、集団的自衛権行使に道を開く動きなどを厳しく批判しました。

非核「神戸方式」は1975年3月18日、神戸市議会が「核兵器積載艦艇の神戸港入港拒否に関する決議」を採択。それ以後、アメリカ軍の艦艇は一隻も入港していません。

1974年、元アメリカ軍の提督だったラロック氏が「日本の港に寄港する米艦隊は、積載している核兵器を降ろしていない」と証言。当時の宮崎市長が、市議会で「私は港湾管理者として、この問題(核兵器持ち込みの疑惑)が正確に解明されない以上は、この艦船の入港に対して拒否したいと考えている」と発言。原水爆禁止兵庫県協議会など市民の運動が広がって「決議」は全会一致で採択されました。