市議団の活動

憲法破壊する安倍内閣は直ちに退陣をーパレードに参加

2014年09月29日

「戦争する国にしない」パレードで訴え

 国民大運動兵庫県実行委員会は9月29日午後6時から、神戸市中央区で「安倍内閣退陣を求める緊急行動」にとりくみ250人が参加しました。集会では、津川知久兵庫労連議長が、国民にウソをつきながら、消費税大増税、原発再稼働、労働法制改悪などを進める安倍内閣を糾弾。「主権者の力で暴走政治をストップさせよう」と呼びかけました。その後、自由法曹団、兵商連、兵庫民医連などがリレートークで訴えました。

参加者は2コースに分かれてパレード。「戦争する国にするな」「憲法を知らない安倍総理は直ちに退陣を」などと唱和しながら、市民に訴えました。

集会には日本共産党神戸市会議員団から、森本真、西ただす両議員が参加。きだ結県会議員、朝倉えつこ党北区くらし・福祉相談室長、大前まさひろ党中央区市政対策委員長らも参加しました。

※写真は「戦争する国を狙う安倍総理は一日も早く退陣を」「知る権利を奪うな」など、参加者のリレートークを聞く

(右から)森本真議員、朝倉えつこ党北区くらし・福祉相談室長、西ただす議員、きだ結県議ら(左端は大前まさひろ党中央区市政対策委員長)