市議団の活動

被災者の要望聞く

2011年08月08日

いわき市でボランティア活動

日本共産党神戸市会議員団の松本のり子、金沢はるみ、森本真の各議員と議員団事務局2名が、8月3日から6日まで、福島県いわき市でボランティア活動に参加しました。
被災者を訪問、現状や要望などを聞き、地元の議員に伝え、解決策を検討するという活動にとりくみました。
放射線量を量る線量計も持ちながら被災者宅を訪問。農家の方からは「家の損害も大変だけど、つくっている米が出荷できるか心配」と不安の声が出されました。風評被害も深刻で、障害者団体が無農薬で栽培している野菜は、「福島産だから」というだけで、納品を断られていると言います。
放射線量が高い地域の人たちが避難している常磐ハワイアンセンターも訪問。被災者からは「親戚、知人と何カ所も回って、やっと落ち着いた」という深刻な話も出ました。
どこでも「神戸からボランティアにきました」というと「遠くからわざわざありがとう」と歓迎されます。中には「ぜひ、あがってください」と、招き入れてくれる方も。お邪魔すると、震災当日の話、避難したときの大変だったこと、友人や家族の話などが、堰を切ったように、要望と併せて出されました。
多くの地域で「り災申請をしても、なかなか家を見に来てくれない」「半壊の認定になっているが、見直しが必要ではないか」など不安や、行政への不満の声が出されました。