市議団の活動

小学校給食値上げ路線に抗議

2016年11月27日

小学校給食値上げ路線に抗議
保護者の意見を聞け

教育委員会会議と市議会に提案されていない小学校給食の値上げを神戸市教育委員会が「学校給食だより(号外)」を保護者などに配布し、既定路線として進めようとしていることが、27日までに明らかになりました。受け取った保護者からは「いつ決まったのか」「唐突だ」などの声が寄せられています。
給食内容の充実と給食費の見直しについては、小学校給食・食育推進委員会で検討し、見直しは、小学校給食・食育推進委員会で検討、17日に意見書が提出され、市教委は「今後、方針はまとめる」と市議会に報告しました。
給食費の改定は、教育委員会会議の決定と市議会の予算議決が必要で、まだ予算編成も始まっておらず、議会にも提案されていません。教育委員会でも給食費改定の方針は議決されていません。
日本共産党神戸市会議員団はこの日、値上げを既定路線として進めることに抗議し「学校給食だより(号外)」を撤回し保護者の意見を聞くことなどを市教委に申し入れました。市議らは、保護者の負担軽減のために市の補助をもとめてきたや、保護者の意見を十分聞いたうえで検討を進めてほしいという市長答弁を示し、全保護者へのアンケートや意見を聞く機会を設けることを強く求めました。
対応した馳川潤哉部長は「号外は、推進委員会の意見書の内容を周知したもの」「保護者の理解を得たうえで、教育委員会で決定したい」などと答えました。