• HOME
  • > 朝倉えつ子

議員紹介

朝倉えつ子

朝倉えつ子

朝倉えつ子(あさくら えつこ)

・北区選出
今期の役職、所属委員会はこちら

プロフィール

1966年神戸市兵庫区生まれ。
神戸学院大学付属女子高等学校、日本福祉大学社会福祉学部Ⅱ部を卒業
民青同盟地区委員長、保育園父母の会連絡会会長など歴任。
障がい児学童保育指導員。家族:2男。

小学校中学校時代は、なぜか喧嘩する友だちの間に入り仲を取り持つのが役目でした。
この頃、父に連れられ「障がいがあっても電車に乗って旅をしたい!『ひまわり号』」のボランティアに参加したことが、障がいを持つ人たちと関わるきっかけになります。
そして、「地球上から核兵器をなくしたい!」クラスや学校中で署名を集めた高校時代。「平和な社会にしたい、世の中よくしたい」と高校卒業と同時に、日本共産党に入党しました。
86年日本福祉大学に入学した最初の授業で「福祉は憲法が保障する誰もが持つ権利=社会保障」なのだと教わります。それまでは、「福祉とは」弱い立場の人や、貧困などで困ってる人に「与えられるもの」だと考えていました。目からうろこでした。
障がいのあるなしに関わらず、誰もが日々の生活を安心して過ごしたいと願っています。この当たり前の願いは、すべての人に保障される「生きる権利」だと知りました。しかし、現実の政治はそうはなっていません。平等なはずの命も権利もお金次第です。
Ⅱ部(夜間)の友人たちは年齢も様々で、社会の矛盾や自分たちの生き方についてよく語り合いました。今もかけがえのない仲間です。
子育て中は、息子が公立園に入れるまで3年、兄弟同じ保育園に入れるまで1年かかった経験から、毎年保護者からアンケートをとり「公立保育園増やして!」と行政交渉などを行いました。
障がい児の学童保育指導員時代は、子どもの揺れる想いや行動に寄り添ってきました。子どもたちや未来ある若者たちを戦争に巻き込むことなど、とうてい考えられません。
これまで多くの人たちの出会いに支えられてきました。今度は、私が出会う人たちの心の支えになれるよう頑張ります。地域のみなさんに寄り添い、一緒に行動します。
ひよどり台小学校(合唱部)、鵯台中学校(ブラスバンド)、
神戸学院大学付属女子高等学校(軽音楽部)、
日本福祉大学(うたごえサークル馬酔木、Ⅱ部ブルース研究会)
神戸青年合唱団所属 うたごえは平和の力♪

フェイスブック「日本共産党 朝倉えつ子」もご覧ください。

私の質問・活動