• HOME
  • > 松本のり子

議員紹介

松本のり子

松本のり子

松本のり子(まつもと のりこ)

・東灘区選出
今期の役職、所属委員会はこちら

プロフィール

1956年神戸市垂水区で生まれる。
神戸山手女子短期大学卒業。
三菱レイヨン(株)大阪支社入社。2人目出産時に退社。
しばらく子育てに専念して兵庫県自動車整備商工組合で働く。
1999年より市会議員。現在5期目

私が働き出した昭和50年、企業は「女性はコピーとお茶くみで結婚すれば退職するのが当たり前」という風潮がありました。給料も男性との差別が明確に行われていた時代でした。入社した三菱レイヨンも同じでした。私は結婚後も働きたいと意思表示した翌日から、上司や総務部の課長に別室に呼ばれ、「前例がないのになぜ働くのか」といわれ続け、理不尽さに怒りを覚えました。
長男出産後は元の場所に戻ることが出来ず、私の仕事は文房具が置いてある倉庫の横で英文タイプを打つことでした。この経験が、私を「闘う女に」成長させました。英文タイプは初めてでした。輸出部から緊急の仕事が回ってくると、夜遅くまで残業したり、土・日曜、休日出勤して対応していました。子どもの保育所のおむかえに間に合わないため、二重保育をしていました。預かって下さっているお宅に子どもを迎えに行き、自宅まではタクシーで、という生活に疲れ、二人目出産時に退職しました。
そのとき、周りの社員や管理職の人までが「頑張っていたのになぜ辞めるの?」と声をかけて下さったことで、私は日常、気に留めてないようにふるまっていても、周りの人たちは応援してくれていたんだなぁと思い、人の表面だけを見るのでなく内面まで見られるよう、感情的に人を見てはいけない、と学びました。
これまで、困難なこともいっぱいありました。今は元気になった娘の小児がんを友人たちの励ましで克服したこと。夫の看病と病死を家族で受けとめ乗り越えた経験。
私を支えてくださった多くの友人たちに感謝しながら、今度は私に相談に来られる方には「寄り添う」気持ちで対応していこうと強く心に決めました。
“くちびるに歌を 心に太陽を”と常に前向きに、そして楽観的をモットーに、「市民が主人公」の市政めざし、全力を挙げていきます。

ブログ「日本共産党 松本のり子」もご覧ください。

私の質問・活動