• HOME
  • > お知らせ
  • > 判決文すら提示しない市の、秘密主義を批判(追加反対討論:朝倉)

お知らせ

判決文すら提示しない市の、秘密主義を批判(追加反対討論:朝倉)

2016年04月17日

判決文すら提示しない市の、秘密主義を批判
朝倉えつ子議員が追加反対討論

特別緑地保全地区内の土地買入代金支払請求事件についての神戸市の訴えの提起は、3月29日に神戸地方裁判所で出た判決に対して、判決を不服として控訴するものです。
30日に市会運営委員会において、市会議員に「判決を検討した結果、控訴して上級審の判断をあおぐのが妥当であると考え,公訴の提起をする」とした議案が提示されました。
日本共産党神戸市会議員団は、議案審議のために判決文の開示を求めましたが、神戸市は拒否。そのため審議する31日当日に神戸地方裁判所で判決文を閲覧して臨みました。
朝倉議員は「議案の賛否を判断するために、必要な資料は議員に示すのは当然」と批判しました。議案を審議した常任委員会で、所管局の局長は「判決文の理解が足りなかった」などと答弁。朝倉議員は「そのような状況で、議案として上程してくることなど到底考えらないとして、議案の賛否を間う以前に、撤回するのが妥当だ」としました。