トピックス

多額の赤字 市民転嫁するな

2011年08月08日

海上アクセス審査で森本議員

みなと総局所管の外郭団体の審査は8月8日に行われました。森本真、赤田かつのり両議員は、神戸市開発管理事業団、海上アクセス株式会社、株式会社フェリーセンター、神戸港埠頭株式会社、神戸航空貨物ターミナル株式会社について、質疑しました。
神戸空港と関西国際空港を結ぶベイシャトルを運行する海上アクセス株式会社は、累積赤字が167億円。1日当たりの利用者は1000人程度にとどまっています。経営的にもベイシャトルの運営は赤字。駐車場事業など付帯事業の売上でわずかな黒字としている、というのが実態です。
赤田議員は「本体事業で赤字を続け、神戸市からの直接支援も含め、様々な支援を受け続けるというのは健全な経営ではない」「実態は関空にたいする支援だ。市民の利益になっていない」と厳しく批判しました。
森本議員は「外郭団体経営委員会の中間報告でも、事業主体の経営の安定化が必須」とされているとし、市からの貸付金などについても「債権放棄」などが言われていることについて、対応をただしました。
岡口憲義みなと総局局長は「債権放棄も含めて経営検討委員会で議論されているので推移を見守りたい」などと答弁。森本議員は「債権放棄などで、市民に被害が及ばないようにすべきだ」と指摘しました。