トピックス

借上追い出しなど認められない (反対討論)

2013年11月29日

西議員が反対討論

西議員は、指定管理者に関する議案7議案と民間借上住宅からの被災者追い出しを進める議案に対して反対討論をおこないました。

西議員は「民間借上市営住宅戸別返還事業」の債務負担行為について「借上住宅からの被災者の追い出しを進めるもの」だと指摘。市長は「長い経緯の中で決断されたもの」「方針は揺るがない」などと入居者やオーナーとの面談も拒否しています。西議員は「圧倒的多数の入居者やオーナーの希望は、継続入居と借上の継続だ」として、被災者追い出しは中止すべきだとしました。

指定管理者制度で、児童館やデイサービスセンターなどの1年単位の指定期間は、そこで働く人たちの生活を不安定にしています。

また、市営住宅について西議員は、指定管理者制度にはなじまないと指摘。図書館については、各図書館が協力して事業を進めていこうとしても、支障が出てすすめられないのが現実です。西議員は、直営に戻すべきだと批判しました。

消費税増税を理由に、市バスや地下鉄料金をあげようという議案に対しては、市民生活にどのような影響を及ぼすのかも調べていないこと、敬老パスは利用者に何も知らされないまま上げられてしまうこと、民間バスも神戸市に追随して値上げする可能性が強いことなどから値上げすべきではないと指摘しました。