トピックス

障がい者が安心できる投票所に

2012年03月08日

選管審査で金沢議員が要求

予算特別委員会・選挙管理委員会審査は8日におこなわれ、金沢はるみ議員が、障がい者が投票しやすいように投票所の改善を求めました。
金沢議員は、障害をもつ20歳の人が、初めて投票所に行った時、バリアフリー化されていたものの、電動車いすではカーブを曲がれず、投票できずに帰ったというケースを紹介。「初めての選挙ができなかったということで、残念がっておられた。このような投票所は改善すべきではないか」と質しました。また、投票前に、対象者に郵便での投票ができる旨の通知もするよう要求しました。
宮田克行選挙管理委員会事務局長は「可能な限りの段差解消につとめていきたい。お知らせは、新聞折込やホームページなどで案内している」などと答えました。