トピックス

市バス運転手の労働条件を改善せよ(交通局:松本)

2018年10月14日

決算特別委員会審査から

9月27日
市バス運転手の労働条件を改善せよ
交通局審査で松本議員

質疑項目
1.自動車事業会計への一般会計からの基準外繰入について
2.市バス営業所の管理委託について
 ①魚崎営業所の労働条件改善
 ②松原営業所の雇用環境改善

交通振興(株)のバス運転手は法律の改正により、5年以上同じ仕事をしている人は希望すれば有期雇用から無期雇用に変わることができるようになりました。松本議員は「バスの運転手さんは、乗客を目的地まで安全に運ぶ、命を守るという責任ある仕事をしている。1年契約から無期雇用でなく、正規社員にし、平均よりも低い賃金をあげるべき」と質しました。また、運転手の人手不足の影響もあり、残業時間が年619時間と、全職業の年平均残業日数の約3倍にもなることを指摘、運転手の労働条件の改善を求めました。また、松原営業所の運転手の長時間労働の是正を求めました。

答弁
内藤交通局自動車部長:運転手の労働条件については、事業者が労働組合と交渉しながら労使で決めているので、交通局が介入してもの申し上げる立場にない。
松本議員:運転手は安い賃金で働き残業もしている。運転に支障をきたしたり、病気になりやめざるを得なくなる。交通振興(株)の取締役をしている局長は交通局としてものを言うのは当然だ。