トピックス

外郭団体に関する特別委員会審査から

2012年08月24日

地域の声を反映すべき
新長田大丸退去で大かわら議員

都市整備公社審査は8月24日に行われ、大かわら鈴子議員は、大丸新長田店の後継テナント問題を取り上げました。新長田駅前のジョイプラザから大丸が撤退し、後継テナントに西友が入ると報道されています。質疑の中で、大丸の賃貸面積3000坪について東急不動産と交渉していることが明らかになりました。同公社は、東急に一括で賃貸し、東急がテナント誘致をすすめているものの、いくつかのスーパーの名前が挙がっており、西友も有力な候補だが、正式に決まっていないとしています。
大かわら議員は、交渉過程が明らかになっていないことも含めて、地域の商店街の人からも不安の声が出ていることを指摘。地元の意見をきちんと聞くため、話し合いの場を持つことを求めました。
同公社の中川欣哉専務理事は、名店会の専門店からも心配する声が出ているとしながらも「まったく競合がないことは考えられない」「条件を付けて厳しくすると、一括借りをしてもらえなくなる可能性もある。公社としては収入が入らないのは困る」「いろいろ要望を聞く姿勢は持ってやりたい」などと答えました。
大かわら議員は空き家になっているから埋める、というのではなく、まちづくりを考えて進めるべき」だと求めました。